ページの先頭です

水のこと体験しよう

ペットボトルでかんたん「ろ過実験」

モノとモノのすき間を通すことで水をキレイにするしくみを「ろ過」っていうんだ。ろ過そうちは身近な物でかんたんにできるから、ろ過そうちを作って水をキレイにしてみよう。何のすき間を通すかによって水のキレイさが変わるのでいろいろなモノで実験してみよう!

用意するもの ・空のペットボトル2本(同じ形のもの) ・砂 ・小石 ・活性炭 ・綿 ・カッター ・ビニールテープ ・ガーゼ ・輪ゴム ・泥水

※活性炭は、ホームセンターなどで売っているよ!
※泥水は、水道水に庭や花だんの土を入れてかきまぜるとできるよ!

注意

  • カッターを使うときはけがをしないよう、十分に気を付けてね。
  • 実験で使った水は絶対に飲まないでね。

ろ過そうちのつくり方

ステップ1:ろ過そうちの容器をつくる

ペットボトルの底の部分をカッターで切り取ってね。

ステップ2:ろ過された水を受けるための容器をつくる

もう1本のペットボトルの注ぎ口から10cmほどのところをカッターで切り取ってね。

ステップ3:ペットボトルの切り口を保護する

ステップ1と2で切ったペットボトルの切り口にビニールテープをはろう。
けがをしないようにするためだよ。

ステップ4:ろ過そうちの注ぎ口をつくる

ペットボトルのキャップを取り、ガーゼをかぶせ輪ゴムでしっかりとめてね。

ステップ5:ろ過そうちに小石、綿をつめる

ペットボトルの注ぎ口を下にして、注ぎ口の部分に綿をつめよう。
次に、小石を約3cmほどすき間ができないようにつめ込み、その上に綿を平らにしきつめてね。

ステップ6:ろ過そうちに活性炭、綿、砂をつめる

活性炭を約3cmほどすきまができないようにつめこみ、その上にさらに綿を平らにしきつめよう。
次に、砂を約10cmほどつめればろ過そうちのできあがりだよ!!

ろ過してみよう

ステップ1:ろ過そうちをセットする

ろ過そうちを、<ろ過そうちのつくり方 ステップ2>でつくった容器にセットしてね。

ステップ2:ろ過する

ろ過そうちの上から泥水を流し込んでみよう!
うまくろ過できるかな?
実験をしながら気づいたこと、工夫したことを実験メモに書いておこう。

実験メモをダウンロードする

もっと水をキレイにするにはどうしたらいいかな?工夫してみてね!

  • 一度ろ過した水を何度もくり返しろ過してみたらどうなるかな?
  • 他のものを入れてろ過してみたらどうなるかな?
    例)もっと細かい砂/スポンジ/マスク/落ち葉  など
  • 泥水以外のものをろ過してみたらどう違うかな?
    例)お米のとぎ汁  など

ペットボトルのろ過実験を通して何を感じたかな? いろいろ工夫してみてわかったこと、気づいたことをまとめて自由研究にしてみよう! これからも水をキレイに使ってね!

一覧を見る

このページのトップへ